ブログ|習志野市の奏の杜すずらん皮膚科|津田沼駅南口徒歩8分

ウイルス性いぼ 

皆さんこんにちは😃看護師のNです。

今回は『いぼ』についてお話しします。

『いぼ』は感染性のあるいぼ、無いいぼ、いぼに似ているタコや魚の目など見分けることが難しいです。治療法を間違えると悪化する事もあるので、自己判断せずに診断を受けて治療を開始していきましょう!

子供や大人の手や足にみられるウイルス性のいぼは、『尋常性疣贅』と言います。

原因はヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染によっておこります。

擦り傷や切り傷、ささくれなど小さな傷に入り込み感染します。いぼを触ったり、足の裏をこすり合わせたりする事でも感染しますので、怪しいと思ったら早めに受診しましょう。

主な治療法は、液体窒素による凍結療法等があります。

多くの場合1回の治療で治ることは難しく、繰り返し治療することが必要です。

当院では10月より『いぼ優先外来』を毎週木曜日の午後に開始致します。

当院ホームページに詳細が載っておりますので是非ご覧下さい!!

カレンダー
2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930